<< くだもの高い! クロコダイルハンターが! >>

たどりつく。

「バレリーナ 上野水香のすべて」ダンスマガジン編 と
「陰日向に咲く」劇団ひとりを借りてきて読んだ。

上野水香はまだ半分だけど、とてもガーンときた言葉があったからめもる。

「ボニーノさんとブロエッグスさんに指導をしていただいた時、
身体中が痛くて力尽きてしまい、「今日はもうできません」と言ったんです。
休みなさいと言ってくださるのかと思ったら、お二人は
「それが人生だ。疲れた時はいつもより力を使わなければならない」
とおっしゃった。」

上野水香はその言葉を聞いて考えがちょっと変わったそうな。

引越し以来なんだか忙しくて心身ともに疲れきったと思った私は
疲れたを連呼してぐだぐだしてたわけなんだけど。
「疲れたときはいつもより力を使わなければならない」
だって!

なんかやっと最近ずっと探してた言葉にたどりついた感じ。
やっぱり!わかってたけど私は自分に甘すぎるんだな。
ああ厳しい。人生って厳しいわー。
すがすがしいけど半分がっかり。

まあ、1流の人たちと同じに出来るわけないんだけど
だから3流でいていいわけじゃないんだよね…。


劇団ひとりの「陰日向に咲く」は
「不器用な人間に対する暖かいまなざしがどうの」とか言うと
すごくちんぷだけど私はとてもいい小説だと思った。
何度か笑ったし涙ぐんだし。

2時間くらいで読めるライトな感じもいいぞ。
文章が読みやすいし面白い。
[PR]
by kamutoke | 2006-09-06 18:01 | 日常
<< くだもの高い! クロコダイルハンターが! >>